朝食をとりバスに乗り込み「石舞台」へ「あっ! 桜だ!」…ガイドさんが「桜は、終わってて、遅く咲く八重桜と菊桃の花ですよ。」…「キクモモ(?)」キクの花びらみたいに細くたくさんの花びら付いていました。 この石をどうやって積み重ねたのでしょう。 石と石との隙間を覗くと意外に高いスペース(洞穴)があります。排水溝が付いていました、だれか住んでいたの(?)。

お待ちかね♥、お昼です。奈良の古代米を炊いたご飯です。 色鮮やかです。 山芋をだして溶いたものに香の物、季節の天婦羅・お造り・しらうお(?聞けば良かった)の酢の物に干しイチジク。 北海道の長芋と違って、山芋はだしを足し粘りをゆるくできるんですよね。 お味噌汁は赤みそです。

「とろろ芋、どう食べますか?」と聞いたところ「味が付いていますので、ご飯にかけてもそのまま召し上がっても良いですよ。」― 続く ―